2017年7月18日火曜日

WSJT-X FT8 モードの追加変更、完了

元々F1Dの免許が有るので、変更届を出しておけば即運用してよい・・・とか
ネット検索すると出てくるのですが。。。

直接、総通に聞いたわけでもないので・・・審査終了まで待機

7/03 変更届提出、 7/14 審査終了
電子申請 Lite を利用
 無線局事項書部分のみ記入
 変更する欄は、16 にチェック
 15 備考欄に、以下を記載
   第5送信機、第10送信機 附属装置(パーソナルコンピュータ装置)の内容(通信方式等)の変更(追加)
   工事設計書の内容に変更は無いので記載を省略する
 添付書類として、
  別紙、附属装置諸元(パーソナルコンピュータ装置)を作成

*第5送信機は TS-480、第10送信機は FT-991

新しい免許状を発行するので返信用封筒を送れとの指示。
内容は何も変わらないのだが、変更の記録を兼ねて・・そんな手順になっているみたいです。




附属装置諸元(パーソナルコンピュータ装置)は
モード FT8
方式  8-FSK
通信速度  6.25 baud
周波数偏移幅  6.25 Hz
占有周波数帯幅  50 Hz
副搬送波周波数 1500Hz 可変
符号構成 WSJT/FT8
電波形式  F1D
 注:副搬送波周波数は音声帯域3KHz以下に収まる範囲で可変


正式リリース直前にバタバタと変更が入り、以前公表していた値と異なって・・・
これが、正式公開版の User Guide に記載されている値です。


7/18 14MHz(14.074MHz) で、VR2XMT局と1st QSO 出来ました。
強力に入感、Auto Seq. ON で・・・あっという間に交信終了です!!




0 件のコメント:

コメントを投稿